並木病院

看護部のご案内

■ 並木病院看護部理念・基本方針

看護部理念 《心安まる優しい看護を提供します》

看護部基本方針
  • 日進月歩変化する医療に対応できるように、医師および他職種と協働し質の高い看護を提供する。
  • 医療チームの一員として、よりよい人間関係を構築し専門職としての役割を担う。
  • 主体的に自己研鑚し、人間性豊かであたたかく、かつ科学的、論理的判断力を身につける。
並木病院の看護職員1人1人が大切な存在

◎ 並木病院は看護学生の受け入れ施設になっています。(3校受け入れ中)

■ 看護部長 ご挨拶

副院長 兼 看護部長 認定看護管理者 高野 紀子
看護部長写真

当院は一般病棟、地域包括ケア病棟及び療養病棟合わせての複合型183床、地域密着型の在宅療養支援病院です。
これからの超高齢社会を見据えて、国は地域のどこにいても安心・安全で切れ目のない医療が受けられる地域包括ケアシステムを構築中です。これを可能にするための看護提供体制の構築、充実が我々に求められています。具体的には看護職員が地域住民の健康寿命の延伸や地域で提供できる医療の質の向上(入院医療の充実、入院から在宅への復帰支援、在宅医療の充実)に貢献することであると思います。
このことから、当院では地域との連携を重視しています。地域の皆様のヘルスケア向上のため、看護部に教育委員会を置いて、多職種協働の学習会を実施しております。 また、入院してから家に戻るまでを切れ目なく支えられるように、退院調整看護師を置き、法人グループ内外を問わず、多施設、多職種との連携を進めています。さらに、院内看護職員の教育では、クリニカルラダーと目標管理を導入し、技術レベルの向上やキャリア支援を行っています。
当院で働く看護職員が、常に患者さまやご家族に寄り添い、質の高い看護を提供できるように指導、研鑽して参ります。看護部の理念である「心安まる優しい看護を提供します」を実践し、地域の皆様から信頼される病院として参ります。

2019年度看護部目標

病院理念 ≪安心で心休まる、安全で質の高い患者様本位の医療を提供する・利他の実践≫

看護部理念 ≪心安まる優しい看護を提供します≫


看護部基本方針

病院理念・看護部理念の目的と昨年度の課題を踏まえての目標

1. 5月地域包括ケア病床開設に伴って各病棟運営がスムーズにできる。

  • ① 医師・看護管理者・入退院支援看護師・入退院支援リンクナース・MSW・理学療法士等の連携及び多施設連携により、地域包括ケア病床患者の在宅復帰率70%以上を維持できる。また、療養病棟患者の在宅復帰率50%以上を維持できる。
  • ② 医師・看護管理者・医事課・MSW・理学療法士等と連携し、地域包括ケア病床患者の「一般病棟用の重症度、医療・看護必要度」Ⅰを10%以上維持できる。また、急性期一般病棟については、「一般病棟用の重症度、医療・看護必要度」Ⅰを27%以上維持できる。
  • ③ 医師・看護管理者・入退院支援看護師・入退院支援リンクナース・MSW・理学療法士等の連携及び多施設連携により、地域包括ケア病床患者の平均在院日数を毎月60日以内にすることができる。

2. 認知症を併存している患者に質の高い看護ケアが提供できる。

  • ① 継続して認知症患者に適切な看護ができる研修に各病棟・外来2名以上参加することができる。
  • ② 認知症に関する研修参加後は、各部署で参加者全員が伝達講習を実施できる。
  • ③ 認知症を併存している患者の看護計画の立案及び計画を実践に活かすことができる。

3. 電子カルテワーキンググループ会議で課題を抽出し、解決することができる。

4.災害時に迅速な対応ができる。

  • ① 各部署夜間を想定した災害訓練を2回以上実施することができる。
  • ② 各部署日中の災害訓練を3回以上実施することができる。

5. 教育委員を中心として地域のヘルスケア教育を継続し80%以上良い評価を得ることができる。
※看護部教育委員会の目標参照

6. 入院相談窓口や認知症ケア加算2など新たな診療報酬が獲得できる。

■看護部研修(クリニカルラダー別)

看護職員
レベルⅠ 概要 ←(クリックすると別ページで表示します)
レベルⅡ 概要
レベルⅢ 概要
レベルⅣ 概要
レベルⅤ 概要

■ 2019年度 看護部研修計画

↑クリックするとPDFページが開きます。

■ 2019年度看護部教育委員会目標

看護部教育委員会の目的
≪看護の専門性を高め、地域及び組織の看護サービスの質の向上に資すること≫

目標
1.個人の目標管理に合わせたクリニカルラダー研修に参加し、ステップアップできる。
2.看護要員が認知症についての院内・院外研修会や病棟の伝達講習会などに各看護単位2人以上参加し、
  知識を深めることができる。
3.院内研修のアンケート調査において、「理解できた」「よく理解できた」「活用できる」「大変活用
  できる」が80%以上とすることができる。
4.「並木健康くらぶ」講習会を多職種で継続することができる。


2019年4月1日
看護部教育委員長